タケプロンを飲む際の注意点とは

タケプロンを飲む時の注意点

タケプロンは日本の武田薬品工業株式会社が1992年より発売している消化性潰瘍や逆流性食道炎を治療するための胃酸を抑える効果を持った薬品(プロトンポンプ阻害剤)です。
比較的副作用が少ないジャンルの薬品ではありますが、やはり副作用がまったくないわけですし、注意点はしっかり守りましょう。また、効率的に服用するためにも注意点は重要です。

 

タケプロンの作用機序

作用機序とはつまり、その薬がどのような仕組みでその効果を発揮するかということです。

 

今回で言えばタケプロンがどのようにして胃酸を抑えて胃を守るかの仕組みということになります。

 

消化性潰瘍や逆流性食道炎の大きな原因となるのは胃酸過多です。胃酸は胃壁細胞に「胃酸を出せ」という命令が来ることで分泌されるのですが、この命令は最終的にプロトンポンプと呼ばれる場所に届き、プロトンポンプが胃酸を分泌します。

 

タケプロンはこのプロトンポンプの動きを邪魔することができます。これがプロトンポンプ阻害剤と呼ばれている理由です。命令が届いてもプロトンポンプが正常に動かなければ胃酸が出ることはありません。

 

タケプロンは最終的に胃酸を分泌する器官であるプロトンポンプの働きを阻害することで、胃酸の量を抑えているのです。

 

タケプロン服用の際の注意点


タケプロンに何故胃酸を抑える効果があるか、簡単ではありますが理解できたかと思います。

 

しかし、タケプロンには注意点がいくつかあります。どんな人でも使っていいという訳にはいかないのです。

 

ここからは、こういう人は使ってはいけない、注意が必要といった点について解説していきます。

 

服用禁止の場合

本剤(タケプロン)を使ってアレルギー症状が出たことのある方

以前タケプロンを使って湿疹・高熱・かゆみ・皮膚の腫れなどのアレルギー症状が出た方は使用しないようにして下さい。

 

今は症状も治ったしもう大丈夫と思って服用するのはとても危険です。基本的にアレルギー症状は1度目より2度目の方が症状は大きくなる傾向にあります。

 

特に薬の服用直後30分ほどで現れるアナフィラキシーショックでは最悪呼吸困難など命に関わる症状が出ることもありますから要注意です。

 

アタザナビル硫酸塩・リルピビリン塩酸塩を投与中の方

タケプロンにより胃酸分泌量が抑えられたことで、溶けづらくなり吸収効率が落ちて効き目も落ちてしまう可能性があります。

 

アタザナビル硫酸塩・リルピビリン塩酸塩はHIV治療の薬です。

 

タケプロンは胃酸抑制に大きな効果が期待できる薬です。しかし、優先度を考えたらHIV治療薬の効果を下げてしまう方が痛手となってしまいますのでタケプロンの服用は控えましょう。

服用注意の場合

肝障害のある方

タケプロンをはじめとした多くの薬品は肝臓で分解されて体外に排出するための準備が行われます。もしも、肝臓が弱っているとこ薬の処理速度が遅くなってしまい、薬は体の外に中々出ていきません。

 

その為、タケプロンは体内に長く留まることになる、副作用のリスクも上がってしまいます。

 

高齢者


高齢者では肝臓がピンポイントに弱っていなくとも、体全体の機能が弱まり同じように薬の排出力が弱まっています。

 

副作用に気をつけてまずは少なめの量から服用するようにしましょう。

 

薬物アレルギーの経験がある方

タケプロンでのアレルギー経験がなくとも、他の薬品を飲んだ際にアレルギー症状を起こした経験がある方は服用時に注意するようにして下さい。特にタケプロン以外のプロトンポンプ阻害剤でアレルギーがあった場合には、タケプロンでもアレルギーを起こす可能性が高くなっています。

 

小児

小さなお子さんでは使用経験が少ないこともあって安全性が確立していません。医師の判断を仰ぐようにしましょう。

 

妊婦


動物試験により胎児への悪影響があることが確認されています。

 

医師が悪影響よりも治療効果の方が大きいという判断・指示を出した時以外は飲まない方がいいでしょう。

 

タケプロンの飲み方に関しての注意点

長期服用はしない

長期服用したらどうなるか、という経験データが少ないので安全性が確立していません。また、胃酸は出すぎも問題ですが出なさすぎもまた問題です。

 

症状が治まっているのに胃酸を抑え続けては消化などに悪影響を及ぼすでしょう。

 

大量服用はしない

効かないからと言って大量に服用すると副作用も大きくなってしまいます。必ず定められた用量を守って飲むようにして下さい。

 

車・機械の運転前の服用はしない

タケプロンにはめまいやふらつきなどの副作用があります。車・機械の運転前には飲まないようにしましょう。

 

タケプロンの副作用や相互作用に関する注意点

こういう方はタケプロンを飲むとき注意点を思い出す、こんな飲み方はNGといった解説を行ってきました。

 

しかし、こういった注意点にしっかり従ったとしても副作用は出てしまうものです。なので事前に副作用は知っておいた方が対策しやすいでしょう。そして、タケプロン単体の場合は問題なくとも、別の薬品と併用すれば出てくる問題点もあります。

 

これらを大きく2つに分けて説明します。

 

タケプロンの副作用は?

 

タケプロンはそれほど副作用の大きな薬品ではありませんが、出ないということではありません。

 

主な副作用は

 

下痢、嘔吐、めまい、ふらつき

 

などがあります。

 

車の運転時にはめまい、ふらつきに注意してください。

 

タケプロンの相互作用

 

相互作用とは双方の薬の効果を変えてしまう作用です。

 

薬の用量は単体で使ったときの効果から考えられています。過度に効果がアップしてしまうような組み合わせは危険でしょう。

 

また、使用禁止の項目で説明した例のように薬の効果を下げてしまい、思った効果が出せないのも問題です。

 

タケプロンはこういう薬


タケプロンとは胃酸を抑制する薬で、胃酸により症状が悪化する疾病、主として胃潰瘍や逆流性食道炎の治療に用いられます。注意点は価格はタケプロンOD錠15(15mg)で80円、OD錠30(30mg)が140円程度となっています。

 

注意点として一般名はランソプラゾールといい、胃酸を分泌するプロトンポンプを阻害することによって胃酸を抑えるプロトンポンプ阻害薬(PPI)に該当します。注意点は胃酸分泌作用をもつH2ブロッカーよりも作用が強力で、上記の疾患の場合の多くは第一選択となります。

 

また注意点ですがクラリスロマイシンやアモキシシリンといった抗生物質などと共に用いて、ピロリ菌の除菌補助にも使用されます。タケプロン自体にはピロリ菌を除菌する作用はありませんが、胃酸を弱めることによって抗生物質の効果を高めることが期待されます。

 

注意点はアスピリンや非ステロイド系消炎鎮痛剤など胃壁を荒らして胃潰瘍を生ずる可能性がある薬物を長期間服用している方が予防的に飲むすることもあります。

 

タケプロンの副作用の発生率は10%程度であると報告されていますが、多くは軽度な便秘や下痢等で重篤なものではなく、比較的安全性が高い薬であると考えられます。ただし注意点として希にアナフィラキシーショック、血小板減少、間質性肺炎といった副作用が見られることもあります。


http://www.aasecuritygadgets.com/ http://www.aggarwalpropertywala.com/ http://postgraduatepersonalstatement.com/ http://huaxinkeji.net/